• HOME
  • オピニオン
  • 【セミナー告知】2020年12月8日(火)開催
    ニューノーマル時代に求められる「健康的な食」と
    「ボディメイク」 ~キーワードは「体質改善」。
    これからのトレンドと「食品」への取り入れ方~」

【セミナー告知】2020年12月8日(火)開催
ニューノーマル時代に求められる「健康的な食」と
「ボディメイク」 ~キーワードは「体質改善」。
これからのトレンドと「食品」への取り入れ方~」

コロナ禍で健康や食に関する意識が高まっているなか、生活者の新たな悩みとして「コロナ太り」「体型維持」が顕在化してきております。「健康的なカラダ作り」が求められているなか、カラダ作りを行うことによる新たな健康上の懸念も問題視されております。
健康的なカラダ作りとは?求められる食からの「カラダ作り」に向けてふまえるポイントとは?
本セミナーでは、「食」と「ボディメイク」の観点で、「ニューノーマル時代に求められる食からの健康」について、食や健康トレンドの専門家、カラダ作りの専門家を交え考察し、食の観点からの「健康的なカラダ作り」にむけた商品開発のヒントをご紹介いたします。

概要は以下の通りです。


概要

セミナー
タイトル
ニューノーマル時代に求められる健康的な「食」と「ボディメイク」
~キーワードは「体質改善」。これからのトレンドと「食品」への取り入れ方~
開催日2020 年12月8日(火)14:00~15:30(受付 入場アクセス開始15分前~)
会場ZOOM特別サイト内
主催ウエルエイジング総研
協力株式会社インテグレート
受講料無料
プロ
グラム
(予定)
14:00~14:20
コロナ禍で変わる「食」と「カラダ作り」の今後のトレンドと注目食品素材
藤田 康人氏 株式会社インテグレート 代表取締役CEO
 
14:20~14:40
脂肪を燃やしエネルギーに変える「体質改善」。「ケトン体」のメカニズムと最新研究
西沢 邦浩氏 日経BP 総合研究所 客員研究員/健康医療ジャーナリスト/編集者 

14:40~15:00
「カラダづくり」に大切な「食」のポイント
~3大栄養素の質を変える最後のキーは「脂質」。これからは、脂質にこだわれ!!~
岡田 隆氏 日本体育大学 体育学部 体育学科 准教授 

15:00~15:20
トークセッション
モデレーター:
藤田 康人氏 株式会社インテグレート 代表取締役CEO 
パネリスト:
西沢 邦浩氏 日経BP 総合研究所 客員研究員/健康医療ジャーナリスト/編集者 
岡田 隆氏 日本体育大学 体育学部 体育学科 准教授 
お申込こちらよりご登録ください。
https://form.k3r.jp/itgr/itgseminar201208
ご登録いただいた方へ、開催前日に参加方法(URLなど)を別途お知らせいたします。
※誠に申し訳ございませんが、本セミナーは広告代理店、調査会社など同業種の方のお申込をお断りさせていただきます。
お申込締切12月4日(金)23時59分 ※先着順での受付となります

Profile

藤田康人氏
株式会社インテグレート 代表取締役CEO
味の素株式会社を経て、ザイロフィンファーイースト社(現ダニスコジャパン)の設立に参画。キシリトール・ブームを仕掛け、製品市場をゼロから2000億円規模へと成長させた。
2007年5月、IMC(統合型マーケティング)プランニングを実践する、マーケティングエージェンシー 株式会社インテグレートを設立。
著書に『ヒットを育てる!食品の機能性マーケティング』(日経BP社)、『カスタマーセントリック思考』(宣伝会議)、『99.9%成功するしかけ』(かんき出版)など。

西沢邦浩氏
日経BP 総合研究所 客員研究員/健康医療ジャーナリスト/編集者 
早稲田大学卒業。小学館を経て、1991年日経BP入社。1998年「日経ヘルス」創刊と同時に副編集長に着任。2005年より同誌編集長。2008年「日経ヘルス プルミエ」を創刊し、2010年まで編集長。2016年まで日経BP総合研究所主席研究員。2018年株式会社サルタ・プレスを設立し、代表取締役に。日経BPでは引き続き、客員研究員として活動。同志社大学生命医科学部嘱託講師、ウエルネスフード推進協会評議員、日本腎臓財団評議員などを務める。著書に「日本人のための科学的に正しい食事術」(著)、「ヒットする!食品の機能性マーケティング(共著)」など。

岡田隆氏
日本体育大学 体育学部 体育学科 准教授
総合病院、整形外科クリニックにて、理学療法士としてリハビリテーションの指導をするべく勤務した後、医療従事者(柔道整復師など)を養成する大学の教員となる。医療従事者を目指す学生に、スポーツトレーナーとしての教育を付加して、多角的な観点から人間の体のパフォーマンスを最大化できる専門家を育成してきた。2016年4月より日本体育大学体育学部准教授に着任し、現在に至る。
現在、トップスポーツの最前線にも携わっており、日本オリンピック委員会強化スタッフ(柔道)、日本オリンピック委員会科学サポート部門員、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、日本ボディビル&フィットネス連盟ジュニア・マスターズ強化委員長などを務めている。2016年8月にはリオ五輪に帯同し、井上康生監督率いる柔道全日本男子チームの史上初全階級メダル制覇に貢献した。

ABOUT

人生100年時代を迎える、“いかに健康を保ち豊かな人生を送るか”が大きな課題となる中、年齢に抗うのではなく《毎日をいきいきと暮らし、上手に年齢を重ねる》ことを目指す『ウエルエイジング』という考え方に共感が集まっています。
ABOUT

最新記事

ウェルエイジング総研