• HOME
  • オピニオン
  • 【大腸活コラム Vol.1】
    超効率的な腸内フローラの整え方!
    誰かに話したくなる腸のハナタカなお話し<美容編①>

【大腸活コラム Vol.1】
超効率的な腸内フローラの整え方!
誰かに話したくなる腸のハナタカなお話し<美容編①>

■腸とお肌とダイエット

 今話題の腸活、汚腸か美腸かどうかで今、重要視されている免疫力をはじめ、精神的・身体的な健康面はもちろん、美肌やダイエットなど美容面にまで大きく影響を与えると言われていることはもう、ご存じの方も多いのではないでしょうか?何となく腸と関係していると聞いたことはあるけれど、いまいち詳しくは理解していないという方に、今回は誰かに話したくなるハナタカな腸に関する情報を簡単にご紹介したいと思います。

 まずは、腸とお肌の関係から。便は老廃物・毒素のかたまりで、本来早く身体の外に出したいもの。長時間大腸内に滞留することで、その毒素が血中に入り込み、全身を巡り健康を損ねたり、吹き出物や肌荒れの原因になる可能性があります。

 次に、腸とダイエットの深い関係について、、、。腸がキレイな状態だと、エネルギーを燃やす為に必要な栄養素の吸収もスムーズなので代謝もアップします。逆に汚れていると栄養素の吸収率も悪くなり、栄養素が入って来ないカモ?と不安になった身体が省エネモードになってしまい代謝が落ちることもあります。

 また、ダイエットとして取り入れている人も多い「糖質制限」ですが、結果的に、イモ類や穀類、果物など炭水化物を抜くことになり、それらに含まれる大切な栄養素、食物繊維の摂取量も同時に減ってしまいます。

 そこに追い打ちをかけるのが、、、流行となっている高たんぱく質ダイエットです。食物繊維が不足している中、動物性たんぱく質を必要以上に摂りすぎると、大腸に棲む善玉菌のエサが減る中、逆に悪玉菌のエサが増えていくことになります。どんどん腸内環境を悪化させる負のスパイラルに陥ります。糖質制限をしている人は、一般生活者と比較し、腸内フローラが悪い状態にあったとのエビデンスも発表されているので要注意。たんぱく質を多くとるのであればその分、食物繊維もセットで摂りましょう。なにより、糖質も脂肪を燃やす為のエネルギーとして必要なので完全に抜いてしまうことはお勧めしません。一生続かないダイエットはやはり危険なのです。

 お肌やダイエットと腸内環境がどんな風に関係しているか分かったところで、次に腸内細菌についてお伝えしたいと思います。

 

■よく耳にする腸内フローラの本当の正体とは?

 腸活=腸内フローラという腸内細菌(善玉菌・悪玉菌・日和見菌)のバランスを整えることを言いますが、その腸内に存在する細菌の重量はなんと1kg!肝臓とほぼ同じ重さなのです。つまり細菌といいつつ、実は一つの臓器と言っても過言ではありません。

 その細菌達ですが、、、実は十二指腸などには消化液も多いので、腸内細菌は少なめ、小腸、そして大腸にいくにつれて細菌の数も爆発的に多くなっていきます。そのため、腸内フローラの主な舞台は大腸であり、腸内フローラ=大腸の細菌とも言われているのです。そんな大腸の中にいる善玉菌であるビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9:0.01。

 乳酸菌は、身体によい乳酸という成分を作ってくれる菌ですが、ビフィズス菌は、その乳酸に加えて、さらに短鎖脂肪酸という成分も作ってくれます。この短鎖脂肪酸がポイントなのです。この大腸内で作られる短鎖脂肪酸には、私たちの腸だけでなく全身をより元気にしてくれる働きがあることが分かってきました。

 短鎖脂肪酸は、大腸粘膜の細胞のエネルギー源となったり、ミネラルの吸収を促したり。また、短鎖脂肪酸がつくられることで腸内が酸性の状態に傾くため、酸性に弱い悪玉菌が減って、結果的に腸内環境が整います。乳酸菌ももちろん大切な善玉菌ですが、より効率的に大腸の腸内フローラを整えるには、圧倒的に数も多いビフィズス菌を意識して増やすことが重要なのです。ただ、悲しいことにビフィズス菌は、食生活の乱れだけではなく、加齢とともに減少しています。乳児期に95%をピークに、高齢期では1%になる人もいるほど。。。

 小腸と大腸では、栄養素を吸収する場所と排泄器官といったように役割が大きく違うことや大腸には小腸よりも腸内細菌が多く棲んでいて、全身の健康にも関係していることなどから、腸内フローラの主な舞台は、大腸なのです。腸内フローラを整える腸活とは主に‘大腸ケア’であることがお分かりいただけたと思います。

 では、どうしたら大腸の善玉菌の代表であるビフィズス菌を増やすことが出来るのでしょうか。次回は、美容編②で紹介します。

管理栄養士/美容アドバイザー
豊田 愛魅

東京家政大学卒業後、オーガニックカフェにてメニュー開発を行う傍らTVやラジオなどに出演。その後、美容業界のマーケティングなどにも携わる。「食を通した美と健康」を人にわかりやすく伝えることをモットーに、現在では、TVなど各種メディア出演や書籍、コラム執筆、セミナー、レシピ開発など幅広く活動。『ずぼやせ』『美人をつくる栄養レッスン』など著書多数。番組レギュラーコーナーなど実績多数。誰にでも真似できるズボラな美容法が人気の管理栄養士。
オフィシャルHP:https://biyou-eiyou.com/
アメブロ:https://ameblo.jp/kanrieiyoushitoyoda/
書籍: https://amzn.to/3g0HG53/

関連記事一覧

ABOUT

人生100年時代を迎える、“いかに健康を保ち豊かな人生を送るか”が大きな課題となる中、年齢に抗うのではなく《毎日をいきいきと暮らし、上手に年齢を重ねる》ことを目指す『ウエルエイジング』という考え方に共感が集まっています。
ABOUT

最新記事

ウェルエイジング総研