• HOME
  • オピニオン
  • 【美腸活メニューvol.3】
    簡単でおいしい!大腸、筋肉、肌にうれしい3品
    <筋活レシピ>

【美腸活メニューvol.3】
簡単でおいしい!大腸、筋肉、肌にうれしい3品
<筋活レシピ>

運動いらず、食べる筋トレ!
白身魚フライの南蛮漬けタルタルソース掛け

<美・腸・筋>向上レシピの3品目は、筋肉に良い献立です。外出の機会も少なくなり、運動不足を感じて、「筋力低下」を感じている人が増えています。「筋肉」にはジャンプや踏ん張りなど瞬発的に大きな力を発揮する「速筋」と、ウォーキングなどの有酸素運動に使われる持久力への効果がある「遅筋」がありますが、近年の研究では全身の筋肉量の低下に影響を及ぼしているのは「速筋」だと言われています。「速筋」は負荷をかけた運動をしないと増加や維持が出来ないものですが、最新の研究でスケソウダラの『速筋タンパク質』を摂取することで特別な運動をしなくても、筋肉の中でも速筋が優位に増える結果が報告されています。これは乳・大豆・卵・畜肉では見られない作用ということで、大きな期待が寄せられています。そこで、身近な食材で『速筋タンパク質』を摂取できるメニューを紹介します。

白身魚フライの南蛮漬けタルタルソース掛け

白身魚(スケソウダラ)に含まれる「速筋タンパク」は食べるだけで筋肉が増える!
さらにタルタルソースに使用している卵と組み合わせれば、筋肉アップ効果を強化。卵サラダをヨーグルトでのばすことで簡単にタルタルソースができるだけでなく、タンパク質も+。

材料

*混ぜるだけ!タルタルソース
  • 卵サラダ 1パック(85g)
  • ヨーグルト 30g(大さじ2)
  • きゅうりの漬物 2切れ
  • 和がらし(チューブ) 小さじ1/4
  • 黒胡椒 少々
*南蛮漬けタレ
  • 醤油 大さじ1
  • リンゴ酢 大さじ1
  • キビ砂糖 大さじ1/2
  • 白身魚フライ(市販) 2切れ

作り方

  1. タルタルソースの材料をすべて混ぜる。
  2. 南蛮漬けタレを小鍋に入れ弱めの中火にかけ、煮立たせて火を止める。
  3. オーブントースターで温めた白身魚フライを2に両面からめて皿に盛り、1を掛ける。

1品ずつ楽しむのはもちろん、“生芋こんにゃく入りそら豆のポタージュ”“ブロッコリーのガーリックヨーグルトソース和え”とあわせて食べれば、パーフェクトな<美・腸・筋>メニューとして、美と健康を守ってくれます。

レシピ開発:音仲紗良(おとなか・さら)
プロフィール:(株)ぽかぽかてーぶる代表取締役。出版社でおもに食と美容の雑誌ページの企画編集を担当したのち、独立。多数メディアで執筆しながら、メニュー開発や店舗プロデュース、PR等幅広く活動中。ナッツ料理研究家としてナッツ専門店の立ち上げやメディア出演、2020年3月にはグルテンフリーバインミー専門店「バインミートーキョー」を外苑前に立ち上げ1か月で約20媒体以上の取材を受けるなど、時流を先読みした食の提案とプロモート活動を同時にこなす。

関連記事一覧

ABOUT

人生100年時代を迎える、“いかに健康を保ち豊かな人生を送るか”が大きな課題となる中、年齢に抗うのではなく《毎日をいきいきと暮らし、上手に年齢を重ねる》ことを目指す『ウエルエイジング』という考え方に共感が集まっています。
ABOUT

最新記事

ウェルエイジング総研